未来切手

駆け出しの何者でもない24歳。むらゆです。

自分の感受性くらい…

自分の感受性くらい自分で守れ ばかものよ


茨木のり子さんの詩の1節です。

どうしようもなく、何かに押しつぶされそうになる時、この言葉を思い出す。

「絶対に染まらない。心を売らない」

会社で生きる上での自分の目標なんだけど、どうしても負けそうになる時がある。

それでも誰のせいにも出来ないのだから、結局自分を守ってあげられるのは自分なのだから、「馬鹿者」と奮い立たせて、なんとか立つ。立ち続ける。


「自分にかける言葉をしっかり持つ」


高校の卒業式の時、恩師が卒業アルバムに書いてくれた言葉。

それを間違わなければ、たぶんこれからもなんとかやっていける気がする。

どこにいても、何をしてても、周りがムカつくくらい自分らしく。

今日も自分と対話して、自分を励まして、声をかけて、さあ行ってきます。


f:id:murayu24:20170922214758j:plain


もう夜だけど。(笑)