未来切手

駆け出しの何者でもない24歳。むらゆです。

行き合いの空

最近ハマってる大好きな漫画といえば夜廻り猫でございます。

 

深谷かおるさんが描かれていて(今クールやっているドラマ「カンナさーん」の原作者!)、たまにほろっと泣けてくるほっこり心温まる作品(*¯ω¯*)

 

8月になると思い出すページがちょうど今日Twitterに上げられていました。

 

こちら。

 

 

 

「行き合いの空 #とは」

 

と思い、調べてみたら、、、。

 

1 夏から秋へと移り変わるころの空。 

「夏衣片 (かた) へ凉しくなりぬなり夜や更 (ふ) けぬらん―」〈新古今・夏〉

 

2 牽牛 (けんぎゅう) 星と織女星が出会う七夕の空。 「万代 (よろづよ) に君ぞ見るべき七夕の―を雲の上にて」〈金葉・秋〉

 

 

夏から秋へ。

一番好きな季節!

この時季の朝の空気とか風の温度とかすごく好き。

 

そして、もう一つ。

七夕の空という意味もあるのか~と。

今年の立秋は8月7日。

ちょうどその日は鹿児島でいう七夕。

 

 f:id:murayu24:20170815223954j:plain

 

季節ってうまく出来てるなあとびっくり感心。

 

季節が巡っていく中で、大切な誰かが当たり前のように次の季節も隣にいてくれるのかは誰にも分からなくて。 

 

それなのに、ふと立ち止まらないとつい当たり前のように明日が来ることを信じてしまうのは、それだけ平和なんだろうなとも思う。

 

とりあえず、私の大好きな人達が笑っていて、「暑いね」って言ったら「暑いね」って返してくれて、「寒いね」って言ったら「寒いね」って返してくれる、そんな日常を大切にできたいいな。

 

ついつい忘れてしまうけれど、たまには流れ流れていく季節の中でしっかり立ち止まって、深呼吸して、この幸せを胸いっぱい味わいたいと思う。